しっかりとした実績

長きにわたり世界中の人々がメルボルンを機会にあふれた街と捉え、幸運にもその機会をメルボルンで掴んできました。政府の強力な支援のもと、メルボルンは高い外国投資の集積で繁栄してきました。

メルボルンの産業概観

多様な経済

今日

メルボルンがいかに真に多様性のある経済を作り上げてきたかをその歴史が示しています。メルボルンは全世界からあらゆる業種の投資を歓迎してきました。その業種は多岐にわたり、情報通信専門・金融サービス、先端製造業、食品加工バイオテクノロジークリーンテクノロジーなどが挙げられます。ビクトリア州は最近になり Square, Alibaba, Nutribiotech, Judo Capital, Canopy Growth, Live Tiles and JD.comなどの進出を歓迎してきました。

ナレッジ・シティ

2000年代初頭

2000年代初頭にメルボルンで高等教育への多大な投資がなされたおかげで、質の高い人材を数多く輩出するという、現在では広く知られるメルボルンの活力が強化されました。同時にメルボルンの教育セクターの繁栄を後押ししました。

この時期に主要大学であるメルボルン大学やモナシュ大学などが国際的な高い評価を確立しています。これらの大学でアジアをはじめ世界中から来る数多くの留学生が学んでいます。

READ MORE: Highly skilled talent >>

サービス産業と先端製造産業

ポスト1990年代

拡大する国際競争と技術進歩に対応し、メルボルンは知識主導型でスキルに裏付けされた、そして輸出指向型の経済に転換してきました。

成長を続けつつ高度化するサービス産業は、ビクトリアの持つオーストラリアの先端製造業の主導者としてのポジションによって補完されています。それによりメルボルンは成長を続ける国際都市となっています。

成長を続ける産業ハブ

20世紀

20世紀後半よりビクトリア州は世界中からの投資を歓迎してきました。フォード、ボーイングといった主要産業企業はビクトリア州で事業を行い、今では80年以上にもなるレガシーを確立しています。エクソンモービルはビクトリア州で原油精製を60年以上にわたって行い、トヨタは50年以上にもわたり自動車製造をメルボルンで行っていました。

'素晴らしいメルボルン(Marvelous Melbourne)'

19世紀

メルボルンの繁栄は1850年代と1860年代のゴールドラッシュで始まりました。この時期メルボルンは大英帝国の中で最大の都市であり、世界でで最も豊かな都市の一つでした。大規模港湾のある都市で、しばしば“素晴らしいメルボルン(Marvellous Melbourne)”とも言われました。