成長、低リスク、透明性のある経済

ビクトリア州の多様な経済には数多くの投資オプションが存在します

ビクトリア州はオーストラリア国土面積の3%にすぎませんが、国全体のおおよそ4分の1の経済活動を有しています(国全体のGDPの23%1。ビクトリア州の強みは多様な経済に支えられていることです。多くの産業が繁栄と成長の歴史を刻んできました。これが2009年の世界金融危機をオーストラリアが乗り越え、経済規模で世界第14位の国となりえた理由の一つです。

Services industry accounts for 28% of GVA

ビクトリア州のサービス産業は過去五年間に大きな伸びを示しています

ヘルスケア、情報技術、金融サービス、建設業といった産業は全産業平均より高い成長率を示しており、これらの高い成長率を示す産業への投資機会を示唆しています。

シンガポールやニュージーランドよりも大きな経済規模

ビクトリア州の経済規模は多くの東南アジアの諸国の経済規模をしのぎます。シンガポール、フィリピン、ニュージーランドといった国の経済規模を凌駕し、ビクトリア州の州内総生産(GSP) は4730億豪ドルに達しました (2017-2018)

Victoria's GSP- 375b, Singapore GDP - $297b, New Zealand $185b

リスクの低い、安定したビジネス環境

安定的なビジネス環境を反映し、ビクトリア州はS&PとムーディーズからAAA格付けを獲得しているオーストラリアの2州のうちの一つです。この格付けランクを過去10年にわたり維持しています。これが意味するところは、ビクトリア州の一貫した力強い経済力、良好な財政運営、ならびにオーストラリアの制度上の支援体制です。

オーストラリアの健全な法務およびガバナンスの枠組みは、政治的安定性と相まって安全な投資環境とビジネス環境を可能にしています。オーストラリアは世界銀行の世界ガバナンス指標において、法順守のランキングで世界トップ10の国の一つに、規制環境の質においてトップ5の国の一つに挙げられています。またオーストラリアは司法と財産権の保護においても高い評価を得ています。

メルボルンはロイズ都市リスク指標において他の主要都市、地域の経済都市と比較してリスクの低い都市であるとの評価を受けています。ロイズ都市リスク指標の18のリスクとは、市場の暴落、サイバー攻撃、洪水、ヒトの疫病流行、太陽嵐、停電、台風、植物伝染病、寒波、国債デフォルト、熱波、テロ、地震、干ばつ、石油価格ショック、火山の噴火、津波そして原子力事故です。

参照:  1 Lloyd's City Risk Index 2015-2025