国際市場の接続性

メルボルンはオーストラリアの66%の経済活動を占め、69%の人口が集積する地域の中心にあります。

メルボルンはオーストラリアの南東部三角地帯の中心に位置しており、この三角地帯は経済活動が集積している地域です。この三角地帯の経済産出額は1兆豪ドルを越えています。

ここから外に目を向けると45億人の人口と27兆1000億米ドルを超える規模を持つアジア太平洋地域が目の前にひかえています。

ビクトリア州の先進的なデジタルでのつながりによって事業が転換点を迎えます。

ビクトリア州における衛星通信、光ファイバー海底ケーブルでのネットワークによる特筆すべきテレコミュニケーションによって、グローバル事業への制限の無いシームレスなアクセスが可能になります。強力で多様性に富むサービスプロバイダーによって、信頼性の高い安定したネットワークインフラへの接続が可能になります。オーストラリアの市場は自由化が進み、地元企業や海外企業がより価格の安いサービスを提供しようと競争しています。メルボルン市や地方都市でもフリーWi-Fiへの接続が可能です。

ビクトリア州の広範囲に広がる道路・鉄道網は、空港・港湾につながり物流の効率化を実現しています。

ビクトリア州は近代的で統合された道路網を有し、こられは郊外に張り巡らされており、高速で効率的なフリーウェイと接続しています。すべての大規模道路インフラはフリーウェイと接続しており、これによりメルボルン港、メルボルン空港および地方都市への容易なアクセスが可能になっています。

私たちはビクトリア州のインフラストラクチャーが2018年のEIU Liveability Reportで満点の評価を得たことを誇りにしており、本レポートはより良い接続性を持つ都市がより良い生活の質を実現すると結論づけています。

オーストラリアで最も利用されている空港は24時間体制で世界とつながっています。

メルボルン市内中心部より約30㎞ほどの場所に位置するメルボルン空港は、オーストラリアで最も利用されている「門限の無い」旅客用、貨物用空港です。37の航空会社が乗り入れており、世界43の都市への直行便が就航しています。メルボルン空港はオーストラリアの国際旅客の35%を扱っており、早急に届けなければならない輸出貨物でもメルボルンを発った翌日には国際市場に到着させることが可能です。

オーストラリアで最も世界とつながった港湾によって効率的な物流が可能になります。

メルボルン市の中心部に位置するメルボルン港は世界の港とつなり、また最新の港湾設備をもってコンテナやバルク商品の扱いを熟知しています。メルボルン港はオーストラリアでの商業港としては最大で、もっとも利用の多い港です。年間293万TEUを扱い、その中には1日あたり7200本のコンテナ、1200台の新車輸送も含まれています。更にメルボルン港は安価な陸地側の輸送コストも提供しています。

ビクトリア州は前例に無い規模の交通インフラへの投資を実行します。

Plan Melbourne(メルボルン都市計画局:仮訳)、ビクトリア州インフラストラクチャ-計画、およびInfrastructure Victoria(ビクトリア州政府インフラストラクチャー庁:仮訳)の30年戦略の方針のもと、ビクトリア州政府は世界クラスのインフラ整備にコミットしています。主なプロジェクトは下記の通りです:

  • メルボルン市内地下鉄整備:新規の地下鉄事業でメルボルン中心部と近隣の教育、医療研究特区を輸送力の高い列車で結びます。
  • 開かずの踏切対策:全体で84カ所の踏切を2026年までに無くすプロジェクトで、道路使用者、鉄道利用者双方の移動時間を節減し、自転車レーンや公園施設も増やすプロジェクトです。
  • メルボルン市内および地方道路整備:渋滞緩和、貨物輸送改善のためのプロジェクト。
  • ノース・イースト・リンク:メルボルンのフリーウェイネットワークの接続を改善するプロジェクトです。
  • 他の鉄道プロジェクトとして、空港鉄道プロジェクト、州西部鉄道の電化、メルボルン市、ジローン市間の高速鉄道導入、メルボルン市郊外地区の環状鉄道線構想があります。

オーストラリアが締結している自由貿易協定により海外市場への参入が可能になります。

オーストラリアは中国、日本、韓国、タイ、マレーシア、ニュージーランドといったアジア太平洋地域の数多くの国との自由貿易協定を締結しています。今後インドネシア、香港との協定も発効される予定で、インドとも交渉を継続しています。

Australia Free Trade Agreements