交通インフラストラクチャー

ビクトリア州にはオーストラリアで最も先進的で利便性の良い道路・鉄道・海運インフラストラクチャーがあります。

オーストラリアで最も成長率の高い州のインフラストラクチャーを拡張するために、政府・民間の活発な投資が続いています。州のワールドクラスのインフラストラクチャーの要、メルボルンには近代的で統合された交通網があり、港や空港につながるフリーウェイが郊外の各地域を結んでいます。

aeroplane 

メルボルン中心部から車でわずか20分のメルボルン空港は、主要空港としてオーストラリア唯一の24時間発着空港であり、乗り入れ航空会社25社が海外33以上の都市に直行便を運行しています。同空港では、年間24万5千トンの国際航空貨物を取り扱っています。

メルボルン港はオーストラリア最大で最も取扱量の多い港です。同港はメルボルン中心部に近く、接続も設備も良好です。効率的で信頼性が高く、特に一般貨物と車両の取り扱いに向いています。最近のロイズの評価で、同港はコンテナ積み下ろしがオーストラリアで最も効率的な港とされました。

整備されたインフラストラクチャーは、オーストラリアをリードする輸出志向経済における円滑な物流を確実なものにしているばかりでなく、メルボルンが新たな技術や知識を創出するのに欠かせない要素となっています。メルボルンの優秀なインフラストラクチャーには以下のようなものがあります。

  • メルボルン港を始めとする四つの深水港
  • メルボルン空港を含む二つの24時間発着空港
  • オーストラリアで唯一のシンクロトロンや新設されたドハーティ伝染病・免疫研究所を始めとする多様で密集した教育・技術・保健・研究インフラストラクチャー
  • 全国ブロードバンド回線(結節点まで光ファイバーを用いるFTTN方式)
  • 民営化・規制緩和の進んだエネルギー業界が供給する安定した低コストの電気・ガス
  • 世界最大級の淡水化プラントに支えられた、世界でも最高品質(HACCPSによる品質管理)の一つに数えられる上水道
  • オーストラリアで最もイベントが多い都市を支えるワールドクラスのイベント&エンターテインメント・インフラストラクチャー