資金管理

ビクトリア州の資金管理部門はアジア太平洋地域で最大です。その管理する資金額は、フランス、アイルランド、香港等の年金資金総額を上回り、。メルボルンに本拠を置く四大ファンドが管理する資金の合計額は2300億豪ドルに上ります。オーストラリアで最も多く商学専攻卒業生を輩出するビクトリア州の地の利を有する同業界は、オーストラリアを年金資産成長率世界ランキングのトップ3に押し上げました。州の合理的で堅実な政策、安定性と透明性のあるビジネス環境は、州外の同業者からも評価されています。この堅実な舵取りがあり、ビクトリア州経済は世界同時不況にあっても二つのAAA格付け(ムーディーズとスタンダード&プアーズ)を維持し、危機を乗り切りました。

The Australian superannuation (pension) model, which was originally developed by Melbourne based institutions, has helped drive growth in funds under management.  This provides the city with a strong core of skills and experience in the sector.  Melbourne is home to six of Australia's top twelve superannuation (pension) funds and 60 per cent of all Australian industry superannuation (pension) fund assets are managed out of Melbourne.  Melbourne is also home to Australia's sovereign wealth fund - the A$110 billion Future Fund - that is forecast to grow to A$150 billion in the next few years.