線路と道路の交差地点

線路の踏切を取り除く理由は、交通渋滞を軽減し、港と市場間の貨物輸送を効率化することにあります。

踏切は交通渋滞の大きな原因で、メルボルンの交通輸送網における電車運行数の増加を妨げています。多くの場合、この踏切でのボトルネックを取り除くもっとも効果的な方法は線路を地下に埋めることです。周りの住民や企業のアメニティレベルを適切に維持するためにも、これが最良の策であるケースが多々あります。。

この工事には、踏切のある地点の前後の線路をかなりの長さにわたって地下に埋める必要があるため、地上には利用可能となる貴重な土地が生じることになります。

場所によっては、この新たに利用可能となった土地を開発し、踏切を取り除いたことによって生まれる「価値を利用」するチャンスが生じる可能性があります。開発機会はそれぞれの場所の物理的条件によって異なりますが、ビクトリア州政府は積極的に適切な開発機会を求めています。